歯科でインプラントをして美しさUP【口元美人は笑顔が最高】

女の人

健康に保つには

医療器具

歯を健康的に保つには、食事の面と歯磨きの面で見直す必要があります。まず、歯を白くしたいならば、タバコは厳禁です。歯についたヤニは取ることが難しく、歯の裏や歯の隙間やがて歯の表面にこびり付きます。また、紅茶やウーロン茶、赤ワインにカレーなどの色素が歯に付きやすいものも、出来れば気をつけたいとこです。最近、テレビで見たのですが、歯と唾液は自分の力で、酸性になった状態を中和して再石灰化しようとしている、自己治癒の能力があり、そのため食後すぐの歯磨きより、少し経ってからの歯磨きが良いそうです。食べてすぐの歯磨きは、再石灰化の邪魔になってしまうのだそうです。食べて少しだけ、歯と歯の間にあるカスを濯いで、あとは少しの間唾液で歯をカバーして、そのあとに歯磨きをする方法が理想的です。そして、歯磨きは歯を磨くという意識を捨てて、歯と歯茎のマッサージという意味で行うようにしましょう。白くなりたいからといって、ゴシゴシしてしまうのは、歯の表面のエナメル質や歯茎まで傷つけてしまいます。気づいた歯茎は痩せ細り、どんどん収縮していき、歯が長く見えてしまう原因になってしまうだけではなく、痩せた歯茎はもう二度と元には戻りません。歯磨きは優しくマッサージするだけいいのです。このような点を気を付けもらい、定期的に歯科に通うことで、歯の健康を保つことが出来、虫歯も早期発見出来て治療も簡単なもので済みます。そのため、歯科で定期健診を受けるようにしましょう。

Copyright© 2016 歯科でインプラントをして美しさUP【口元美人は笑顔が最高】 All Rights Reserved.